無難なものを選ぼう|引越し業者は口コミで判断|時間を無駄にしない方法

引越し業者は口コミで判断|時間を無駄にしない方法

作業員

無難なものを選ぼう

レディ

無理に行わない

引越をするとなると、近所に挨拶をすることになります。ところが、最近は何もしないという人も増えてきていると言われています。賃貸アパートやマンションでは、隣近所と付き合わない人が多くなってきているからです。こういったところでは、わざわざ引越の挨拶をする必要はありません。ただし、上下階や両隣にだけは一声掛けておくことをお勧めします。というのも、業者が入るとバタバタとうるさくなってしまうこともあるからです。それを騒音だとクレームになってしまう場合も考えられます。この点は注意しましょう。また、仲良くしていた人が居るのなら、お礼の品を渡すと丁寧です。心遣いが大事なので、あまり高級品ではなく、その人にとって使えるような品を選びましょう。

地域の雰囲気を見る

引越先でも挨拶をすることがあります。どちからというと、新参者となるからこそ、今までの住まいを後にする時よりも、こちらの方が大切です。ただし、その地域の雰囲気を見てからにしましょう。例えば、同じような家族構成の人が多ければ、子ども同士が仲良くなるかもしれません。早めに挨拶をしておいた方が無難です。一方、全く交流がなさそうな環境なら、タオルを配る程度でいいかもしれません。この点は不動産会社や管理会社に事前に聞いてみましょう。周囲にどんな人たちが住んでいるのか把握しておけば、それに応じた引越の挨拶ができます。挨拶の品は洗剤やタオルなどが主流です。あまり高価なものではなく、一家に1000円程度が無難です。