工夫次第でもっと節約|引越し業者は口コミで判断|時間を無駄にしない方法

引越し業者は口コミで判断|時間を無駄にしない方法

作業員

工夫次第でもっと節約

男性

安く済ませるには

単身で引越しをする場合の多くは、進学または転勤です。進学の場合は、まだ本人も若くそれほど荷物を持っていないことが多いので、引越しにかかる費用もある程度は抑えることができます。反対に転勤の場合は、特に年配の会社員の場合などは、仕事や趣味で使う道具などがあるのでそれなりの荷物を運んでもらうことが多いです。ただ、単身の場合は一人がゆえに、ファミリーの引越しに比べれば荷物の絶対量は少ないので費用は掛かりません。それだけでなく、単身の場合は自分の好きな日程に合わせて業者に運搬の依頼ができるので、自由な引越しができます。引越しの場合は、近くに移るとしても、冷蔵庫や洗濯機など一人では運べないものもあるので、業者の協力が必要です。

万が一のための契約確認

基本的に、引越しにかかる費用は荷物の多さや引っ越す場所への距離に比例して決まりますが、それだけではありません。いわゆる新シーズンの3月や4月は業者も繁忙期なので、お金がかかります。また、平日よりも休日の方がお金がかかります。つまり、費用を抑えるには繁忙期ではない平日に運搬を依頼することが大切です。また、大抵の業者は運搬の依頼をする前に見積もりを無料でやってくれます。同じ仕事を依頼するのでも、業者によって意外と値段が誓うこともあるので、単身でも見積もりはしっかりやってもらうことをお勧めします。あとは、万が一の際の保証も大切です。業者が丁寧親切に運搬をしてくれたとしても、万が一のミスで破損が発生する場合もあります。お互いが嫌な思いをしないために、保証内容を確認しておくべきです。